がさつ女子でも結婚できました。

アラサー目前のがさつ女子(既婚者)が、そろそろがさつさがヤバイな。と思って始めたブログです。

収納
暮らし
美容
おすすめ品

コラーゲンを補って美しい肌づくり♡多く含む食材やおすすめ品3選!

f:id:choco116choco:20210329141406p:plain

おはようございます。がさつ女子(@gasastujoshi127)です。スキンケアアイテムで肌の状態を整えることも大事だけど、忘れていけないのが食事。

美肌を保つには、口から取り入れる栄養素が必要不可欠。そこで今回は美容におすすめといわれている『コラーゲン』に注目していきます。

コラーゲンを多く含む食材やおすすめ品も紹介するので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

コラーゲンはなぜ必要?

f:id:choco116choco:20210329111743j:plain

なんとなくコラーゲンと聞けば「美肌を作れる」「ふっくらとした若々しい肌が手に入る」とイメージしますよね。コラーゲンは肌だけではなく、身体にとってもとても重要な栄養成分。

体内のあらゆる組織を形成

f:id:choco116choco:20210329111811j:plain

コラーゲンはタンパク質の一種。タンパク質は私たちの身体を構成している栄養素。三大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)とも呼ばれていますよね。

コラーゲンは体重の1/15を占めるほどの量を身体に存在しています。つまり綺麗と健康を保つには欠かせない栄養成分なんですね。

POINT

爪や髪の毛もタンパク質でできています。ハリのある状態を保ちたいならコラーゲンに注目してみて!

年齢に応じて減少する

f:id:choco116choco:20210329111755j:plain

健やかな身体でいるためにもコラーゲン摂取は重要な役割を担っています。しかし加齢とともにコラーゲンは減少していくのです。

40歳になるとコラーゲンは半減し、60歳では1/3まで減少するんだとか。だからこそ食事によるコラーゲン摂取は必要と言われているのです。

 

コラーゲンを多く含む食材

f:id:choco116choco:20210329134951j:plain

色んな食材に目をむけてみると、コラーゲンがたくさん入っているものも。サプリメントや健康食品でコラーゲンを補う前に、まずはコラーゲンを多く含む食材を積極的に取り入れてみましょう。

動物性食品

f:id:choco116choco:20210329135013j:plain

コラーゲンを多く含む食材は『動物性食品』と『海洋性食品』に分かれています。

✓check

豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉など。牛、豚、鶏の骨を煮込んだ豚骨ラーメン

 鶏皮や手羽先は比較的に安価で手に入れやすいですよね。私も「コラーゲンを摂取したい!」というときのために鶏皮は冷凍保存して、いつでもスープに使えるように常備しています。

 

海洋性食品

f:id:choco116choco:20210329135046j:plain

 一方で海洋性食品は海で育つコラーゲンを持つ食材。低カロリーなものが多い反面、少し価格が高いものがあります。

✓check

スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カレイ、エビ、くらげなど。スッポン鍋や中華料理

また、上記の食材以外にも『燕の巣』など、中華料理に使われてる食材にコラーゲンは多く含まれている気がします。

美味しいんですけど、ただやっぱり価格が気になりますよね。

 

手軽にコラーゲンを摂取できるおすすめ品3選!

f:id:choco116choco:20210329135157j:plain 

もちろん食材からコラーゲンを摂取することに越したことはないのですが、最近ではサプリメントや健康補助食品でもコラーゲンを摂取できます。

コラーゲンのサプリや健康補助食品は「取り入れやすい」というメリットもありますよね。今回は実際に使ってよかった手軽にコラーゲンを摂取できるおすすめ品を紹介します。

コラゲネイド

f:id:choco116choco:20210329135409j:plain

新田ゼラチンダイレクト(旧:ニッタバイオラボ)さんが手掛けるコラゲネイド。これは2か月くらい使ってるんですけど、本当におすすめ!

食材に溶け込みやすく、香りがしないんですよね。コラーゲン粉末はちょっとクセがあるのが難点なんですが、コラゲネイドは料理の風味を壊さずに毎日の食事にコラーゲンをプラスできます。

f:id:choco116choco:20210329135433j:plain

すご腕主婦の志麻さんが作っていたひき肉と卵の揚げ包み。本来はトマトソースなんですが、スープ状にしてコラゲネイドを溶かして煮込みました。

f:id:choco116choco:20210329135448j:plain

実はこのかぼちゃコロッケにもコラゲネイドを使用。実はおからパウダーも混ぜてるので栄養面を考慮した揚げ物です。

「揚げ物!」ってだけでちょっと抵抗があるので、こうしてドリンクだけじゃなく餡に混ぜられるのは嬉しいですよね。

 \初回限定¥1,300(税込)/

資生堂 ザ・コラーゲン

f:id:choco116choco:20210329135545j:plain

(引用:資生堂公式サイト)

薬局やコンビニでも販売しているコラーゲンドリンク。私はよく資生堂の『ザ・コラーゲン』を買います。色んなコラーゲンドリンクは積極的に試してるのですが、一番飲みやすいです。

こうした口に入れるものって、味が好みじゃないと「また飲もう!」「続けよう!」と思えないですよね。コラーゲンドリンクを飲むなら資生堂さんのザ・コラーゲンがおすすめ! 

コラーゲンゼリー

f:id:choco116choco:20210329135630j:plain

こちらも新田ゼラチンダイレクト(旧:ニッタバイオラボ)さんが手掛ける、コラーゲンゼリー。肌荒れや体型維持のために甘い物・スイーツを控えてるのですが、これは安心!

自分で作るコラーゲン入りの機能性おやつ。牛乳やお湯と混ぜて冷やすだけなので、お菓子づくりが苦手な私でもできます。甘すぎずに食べやすいので「甘い物が苦手!」という方はぜひ挑戦してみてください。

 

 積極的に食事にコラーゲンを取り入れよう

f:id:choco116choco:20210329135744j:plain

今回紹介したコラゲネイドは、調味料かのように普段の食事に活用しています。糖分・脂質0で、なおかつ低カロリーだからダイエットをしてる方にもおすすめ!

美容だけではなく、健康な体で過ごすためにもコラーゲンは大切なので、積極的に食事に取り入れてみて下さいね。

コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中