がさつ女子の整える暮らし。

アラサー目前のがさつ女子(既婚者)が、そろそろがさつさがヤバイな。と思って始めたブログです。

zenna
アイハーブ
美容おすすめ
楽家事

【写真付き】フライパンの焦げの落とし方。素材別の落とし方や予防方法も解説!

f:id:choco116choco:20210920125938p:plain

おはようございます。がさつ女子(@gasastujoshi127)です。毎日料理で使うフライパン。裏面が焦げついてしまい、徐々に汚れてきていませんか?

少しでもフライパンを長持ちさせるためには、日々のお手入れも大事。本記事ではフライパンの焦げの落とし方を解説します。

素材別ごとに焦げへのアプローチ方法や、フライパンが焦げ付きにくくするための予防もあわせて紹介しますね。

 

フライパンが焦げてしまった…

f:id:choco116choco:20210920111051j:plain

「あれ?こんなにフライパンが焦げていたの!?」気づいたらフライパンの裏面が徐々に焦げてしまい、簡単には落とせないほどになっていたなんてことありませんか?

こびりついた焦げ汚れは、中性洗剤ではなかなか落ちませんよね。

【素材別】フライパンの焦げの落とし方と予防方法

f:id:choco116choco:20210920111335j:plain

フライパンの焦げは素材ごとに落とし方が変わります。使用する洗剤によってはフライパンを傷つけてしまうことも。

ここではフライパンの焦げの落とし方と、焦げ付きにくくするための予防方法を紹介します。

鉄のフライパン

f:id:choco116choco:20210920111356j:plain

鉄のフライパンは焦げ付きやすく、最も手入れが必要な素材。毎回しっかりと手入れをしないとフライパンが焦げ付いてしまったりサビてしまいます。

✓手入れ方法

  1. 何も入れずにフライパンを強火にかける
  2. 煙が出なくなるまで加熱する
  3. 焦げが炭になるまで加熱
  4. ヘラや金たわしで力をいれて擦る

鉄のフライパンは耐久性が高いため、研磨力の強い金属製のヘラが使用できます。

✓予防方法

鉄のフライパンは油ならしをすることで焦げを予防できます。フライパンを使用した後は、お湯で汚れをサッと洗い流します。

キッチンペーパーに油を含ませ表面を拭きましょう。フライパンの表面を油でコーティングすれば焦げ汚れを抑えられますよ。

テフロン加工・ステンレス素材

f:id:choco116choco:20210920111428j:plain

表面が焦げにくいテフロン加工のフライパン。しかし長期間使用していたり、火力が強すぎるとフライパンが焦げついてしまいます。

✓手入れ方法

  1. フライパンにお水をいれる
  2. 重曹を大さじ1~2杯いれて水に溶かす
  3. 沸騰させた状態で10分間煮る
  4. 粗熱がとれたらスポンジで擦る

フライパンの内部の焦げ汚れは、表面が柔らかいスポンジで擦りましょう。強く小杉過ぎると表面のコーティングが剥がれてしまいます。

裏面の焦げ汚れは、水を含ませたメラミンスポンジが軽く擦ると焦げが簡単に落ちますよ。

✓予防方法

テフロン加工・ステンレス素材のフライパンの焦げを予防するには、使用前に十分に加熱をすることが大切です。

また、最近は「ダイエットのために油を少量しか使わない」という人も増えていますが、フライパンが焦げる原因になりますので、あまりおすすめしません。

アルミ製

f:id:choco116choco:20210920111543j:plain

軽くて持ちやすいアルミ製のフライパンは、焦げると表面がくすんでしまいます。必ず予防と定期的な手入れを行いましょう。

✓手入れ方法

  1. フライパンにお水をたっぷり入れる
  2. 一晩放置してスポンジで擦り洗いをする

アルミ製のフライパンは、テフロン加工のように重曹が使えません。重曹を使うと変色の原因になるので注意してください。

✓予防方法

アルミ製のフライパンは、鉄製と同じく油ならしをすることで焦げを予防できます。フライパンを使用した後は、お湯で汚れをサッと洗い流します。

キッチンペーパーに油を含ませ表面を拭きましょう。フライパンの表面を油でコーティングすれば焦げ汚れを抑えられますよ。

 

【写真付き】フライパンの焦げ汚れを落としてみよう!

f:id:choco116choco:20210920111707p:plain

それでは実際にフライパンの焦げ汚れを落としてみたいと思います。わが家はアイリスオーヤマのダイヤモンドコートパンのフライパンを使用。

「焦げない!」と主婦に人気の高い商品です。2年半くらい使用していますがほとんど手入れをしていません。

焦げ汚れの落とし方

f:id:choco116choco:20210920102753j:plain

最近手入れをかなり怠っていたので、フライパンの裏面の焦げ汚れがこびりついてしまいました💦早速、重曹で焦げを落とします。

STEP

フライパンに重曹を入れる

f:id:choco116choco:20210920102902p:plain

水をたっぷり入れフライパンに重曹をたっぷりふりかけます
STEP
10分間煮る

f:id:choco116choco:20210920102956p:plain

重曹をしっかりと溶かし、10分間煮ます
STEP
粗熱をとり裏面に重曹を振りかける

f:id:choco116choco:20210920104944p:plain

ここからは私流✊フライパンの裏面に重曹を振りかけます。
STEP
メラミンスポンジで擦る

f:id:choco116choco:20210920105422p:plain

フライパンの焦げをメラミンスポンジで落としていきます。
STEP
綺麗になった

f:id:choco116choco:20210920105533p:plain

ちょっと右上に焦げが残っていますがフライパンが綺麗になりました。

注意点

擦る際に、重曹:水=1:1にすることで重曹がペースト状になり、研磨力がアップします。またメラミンスポンジだけでも研磨力が高いので、内部は絶対に擦らないでください。

内側のコーティングが剥がれてしまいますから注意してくださいね。

フライパン洗いにおすすめグッズ

f:id:choco116choco:20210920125559p:plain

毎回しっかりとフライパンをお手入れすれば、頑固な焦げ汚れが溜まりにくくなります。

フライパンの表面はスポンジでゴシゴシ洗うよりも、柔らかい毛のたわしで軽くこすりましょう。私は円を描くようにして内側を洗っていますよ。我が家はセリアで購入したブラシを使用しています。

 

フライパンの焦げ汚れは素材別にアプローチ!

f:id:choco116choco:20210920111856j:plain

フライパンの焦げは時間が経つとこびりついてしまい、落とすのが大変になります。できるだけ小まめに手入れをするのがコツ。

また素材ごとに手入れ方法も変わるので注意してくださいね。家事の手間を減らすなら焦げにくいフライパンを使うのもお勧め。

私が使用しているアイリスオーヤマダイヤモンドコートパンは、焦げにくいのでほとんど手入れの必要がありません。

以下の記事で詳しくレビューしていますからよかったら参考にしてくださいね。