がさつ女子の整える暮らし。

アラサー目前のがさつ女子(既婚者)が、そろそろがさつさがヤバイな。と思って始めたブログです。

zenna
アイハーブ
美容おすすめ
楽家事

豆腐は冷凍保存できる?簡単に美味しく絶品レシピ4品も紹介!

f:id:choco116choco:20210611075916p:plain

おはようございます。食育実践プランナーのがさつ女子(@gasastujoshi127)です。味噌汁やお鍋に使われるお豆腐。そのまま冷ややっことして食べてもいいですし、白和えにしても美味しいですよね。

低カロリーかつ、タンパク質が摂れる食材ですから毎日の料理に役立ててる方もいるでしょう。よりおいしさを引き出すには冷凍保存がおすすめ。

そこで今回は豆腐の冷凍保存方法をご紹介します。簡単に美味しく作れるレシピも紹介するので、ぜひ活用してくださいね。

 

 

豆腐って冷凍できるの知ってた?

f:id:choco116choco:20210610091508j:plain

 価格も安く、栄養価も高い豆腐は冷凍保存ができます。豆腐を冷凍保存すると水分が抜け、お肉のような味わいになるのです。

当然ですが、豆腐の保存期間も長くなります。本来ならばお豆腐の保存期間は5日~10日。意外と短いんですよね。しかし冷凍保存をすれば1ヶ月程度保存ができます。

✓冷凍保存するメリット

  • 賞味期限が長くなる
  • お肉のような食感になる

 冷凍したお豆腐はお肉のような食感を楽しめますから、ダイエットに置き換えてカロリーを抑えてもいいかもしれませんね。 

豆腐の冷凍保存方法

f:id:choco116choco:20210610091535j:plain

 豆腐の冷凍保存の方法を紹介します。お豆腐は冷凍保存をすると表面がうっすらと黄色くなります。特にお肉のような食感を楽しみたいなら、木綿豆腐を冷凍保存しましょう。

絹ごし豆腐を冷凍保存すると、ふわっとした厚めの湯葉のような食感になります。

冷凍方法

 

STEP
食べやすい大きさに切る

f:id:choco116choco:20210610131530p:plain

お豆腐の水分を拭きとり、食べやすい大きさにカットしましょう。
STEP
2~3切れずつラップで包む

f:id:choco116choco:20210610131646p:plain

金属製のバットの上にラップを敷き、お豆腐を並べて包みます。このまま一度冷凍庫で保存をしましょう。
STEP
保存袋にいれる

f:id:choco116choco:20210610131811p:plain

お豆腐がある程度凍ってきたら、冷凍用の保存袋に移します。

 

解凍方法

f:id:choco116choco:20210611074854p:plain

 冷凍したお豆腐は、しっかりと水気を抜いてあげればお肉のような食感を味わえます。ラップをしたまま電子レンジで約2分半加熱しましょう。(500Wの場合)

裏返して再び2分半加熱をします。水に浸し、粗熱をとったら指で押すようにして水分を出しきりましょう。

豆腐の冷凍保存の注意点

 お豆腐を冷凍する際は、面倒かもしれませんがラップで包んでから保存袋にて入れてください。解凍時に使う分だけ取りやすくなりますよ。

また、解凍するときは豆腐を潰さないように力加減に気をつけてくださいね。

 

冷凍豆腐の絶品レシピ4品!

f:id:choco116choco:20210610132118j:plain

 冷凍したお豆腐はボロボロっとして普段の保存では味わえない口当たりです。調味料も馴染みやすいですから「料理のカロリーを抑えたい!」「節約したい」方におすすめ!

今回は冷凍したお豆腐で4品作ってみました。

豆腐ナゲット

f:id:choco116choco:20210614072633p:plain

 冷凍したお豆腐の定番メニューといえば『豆腐ナゲット』。絹ごし豆腐を使えばふんわりとした仕上がりになりますし、木綿豆腐を使えばリアルなお肉を再現できます。

*作り方*

  1. 卵、コンソメ(顆粒)、塩コショウボウルに入れて混ぜる
  2. 冷凍豆腐を電子レンジで解凍する
  3. 解凍した豆腐に下味をつけるように1の調味料に馴染ませる
  4. 片栗粉をまぶす
  5. オリーブオイルを180℃温めてる
  6. 全体がきつね色になるまで揚げ焼きにする

f:id:choco116choco:20210614072649p:plain 

深めのフライパンを使えば、簡単に揚げ焼きができます。作ったお豆腐ナゲットは、マスタードやケチャップで楽しんでくださいね。

ヘルシーから揚げ

f:id:choco116choco:20210614072616p:plain 

低カロリーかつ低価格で作れるから揚げは、お子様のお弁当にも活躍できるおかずです。冷凍したお豆腐は、しっかりと調味料が馴染みますから旨味もアップしますよ。

(ちょっと焦げたw)

*作り方*

  1.  みりん、酒、しょうゆ、ニンニク、ショウガを混ぜ合わせる
  2. 解凍した豆腐にかけて約20分冷蔵庫でねかせる
  3. 水分を拭きとり片栗粉と小麦粉をまぶす
  4. 油を180℃まで温めて揚げ焼きにする

冷蔵庫で味付けしたお豆腐を取り出すと、水分が染み出てきます。しっかり絞るように指で押しながら水気を切りましょう。

そぼろ丼

f:id:choco116choco:20210612102654p:plain

 彩りが綺麗なそぼろ丼は、お肉そのもの!豆腐で作ったとは思えないくらいひき肉の食感を楽しめます。

*作り方*

  1. 豆腐を解凍する
  2. ほうれんを軽く茹でて根元を切り落とす
  3. 水気を良く切り砂糖、醤油、すりごまで和える
  4. 溶いた卵に砂糖と塩を混ぜる
  5.  フライパンを熱し炒り卵を作る
  6. 卵を取り出し、同じフライパンに豆腐を入れる
  7. 水分を飛ばしながら酒、みりん、しょうゆ、しょうが、砂糖を入れて炒める

 バランス良く盛りつければ簡単に豆腐そぼろ丼が作れます。見た目も楽しめますからダイエット時でもストレスなく食べられそうですね。

我が家では主人が仕事で遅い時に、お米の量を少なくしてそぼろ丼を作っていますよ。

照り焼きステーキ

f:id:choco116choco:20210611074748p:plain

お豆腐で作る照り焼きステーキは、調理時間も短く忙しい日におすすめの料理。「お肉がない!」なんて時に代用できるので、節約にもなりますよ。

*作り方*

  1. 豆腐を解凍し水分をとる
  2. 塩コショウをまぶしてから片栗粉をかける
  3. 少し焼き目が付く程度に油をひいたフライパンで焼く
  4. ボウルに酒、みりん、しょうゆ、砂糖、水を入れて混ぜる
  5. 中火で4の調味料を豆腐と一緒に火にかける

 基本的に照り焼きステーキと作り方はほとんど同じです。ご飯に乗せて丼ものにしても美味しそうですよね。

   

豆腐の冷凍保存でお肉のような食感を味わおう!

f:id:choco116choco:20210610091923j:plain

豆腐は冷凍保存をしておくと、賞味期限も長くなりますし便利です。特に「仕事でご飯が遅くなってしまった」なんて時は、ヘルシーな豆腐を代用するといいでしょう。

離乳食にも使えるので、ぜひ豆腐の冷凍保存を行ってくださいね。