がさつ女子の整える暮らし。

アラサー目前のがさつ女子(既婚者)が、そろそろがさつさがヤバイな。と思って始めたブログです。

zenna
アイハーブ
美容おすすめ
楽家事

ちょっとした掃除でお風呂のカビ予防。毎日の積み重ねで綺麗を保つ秘訣とは?

f:id:choco116choco:20210915075844p:plain

おはようございます。がさつ女子(@gasastujoshi127)です。毎日の汚れを落とし、心身ともにリラックスをする浴室。身体を綺麗に洗い流すお風呂は、常に清潔にしておきたいものですよね。

しかしお風呂は汚れがつきやすく落ちにくい場所。「いつの間にかカビが生えてしまった」なんてことありませんか?

できることならカビが繁殖しないように工夫をしたいものですよね。本記事では毎日の積み重ねでお風呂のカビを予防する方法をご紹介します。

わが家が実際に行っているカビ予防の工夫も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

お風呂がヌメヌメ!?カビだらけ!?

f:id:choco116choco:20210913141515j:plain

皆さんお風呂のカビ掃除って、どれくらいの頻度で行っていますか?がさつ&ズボラ代表の私は、一人暮らし時代”気づいたら掃除する”スタイルでした。
しかしルーティンに組み込んだら、わざわざカビ掃除をする頻度が減ったのです。

お風呂のカビ汚れの原因とは?

f:id:choco116choco:20210913141541j:plain

代表的なお風呂の汚れは『石鹸カス・皮脂汚れ』『ピンク汚れ』『黒カビ』『水垢』の4種類。浴室を綺麗にするにはそれぞれの汚れに対するアプローチをしなくてはいけません。

本記事で解説するのは、汚れの中でも頑固な『黒カビ』。

✓黒カビの原因

  • 温度
  • 湿度
  • 栄養

お風呂のカビがなぜ発生するか、カビの繁殖の原因を抑えておけば毎日の工夫で予防ができます。

原因①:温度

株式会社衛生微生物研究センターによると、カビが発生する温度は5~35℃。もともとカビは空気中に胞子が数千個、浮遊しています。

浮遊していたカビが壁や天井に付着し、条件が整うことで繁殖をするのです。

原因②:湿度

カビが好むのは80%以上の湿度です。カビは水分を好むため、お部屋の湿度が80%以上の場合も繁殖します。

特にお風呂のような水回りは80~90%近くの湿度があり、カビの繁殖にはうってつけの場所といえるのです。

スペースがあれば脱衣所などにポータブル除湿器を設置し、カビの繁殖を防ぎましょう。

原因③:栄養

カビの栄養源となるのは有機物。炭水化物やタンパク質、油などを好みます。もちろん食品にカビが生えることもありますし、浴室に関しては皮脂汚れ(タンパク質)などに付着してカビが繁殖するのです。

 

毎日ちょっとした掃除を。わが家のお風呂のカビ予防とは?

f:id:choco116choco:20210914091845j:plain

カビが生えるとちょっと掃除が面倒ですよね。できることならカビが繁殖しにくい環境づくりをしたいものです。

我が家では、カビが繁殖しにくい工夫を凝らしています。毎日のちょっとしたお掃除でカビの繁殖を抑えられていますよ。

実際にどんな方法でカビの繁殖を抑えているのか。わが家の工夫を紹介します。

温水→冷水シャワー

f:id:choco116choco:20210915074958p:plain

シャンプーやコンディショナーなどの石鹸カスの汚れは、カビの大好物。そのため入浴後は温水シャワーをかけてヌメリ汚れをとっています。

石鹸カスが残っていると雑菌が繁殖してピンクのカビになるんですよね。皮脂汚れや石鹸汚れを落とした後は、冷水に切り替え浴室全体の温度を下げていますよ。

スキージーでお風呂の水滴除去!

f:id:choco116choco:20210915075022p:plain

浴室全体に冷水シャワーをかけたらスキージーを使って、水気をきっています。水が溜まると黒カビが繁殖しやすくなるので、隅々まで水切りをしていますよ。

浴室で使うスキージーはサビにくい素材のものを選ぶと長持ちしますよ。わが家ではマーナのスキージーを使っています。

f:id:choco116choco:20210915075033p:plain

ポリプロピレンで作られている為お手入れもしやすく、シンプルなデザインがお気に入りです。S字フックを使えば引っかけられて収納ができますよ。

換気と乾燥!

f:id:choco116choco:20210915075118p:plain

お風呂から出るときは、小窓を開けて換気をしています。また同時に換気扇もしっかり回していますよ。とにかく水分を残さないことが大切。

換気をすれば多少なりとも、お風呂の湿度が下がります。お風呂から出たあとって私からも湯気が出るんですよね。(笑)

そんな状態で部屋をウロウロするので、窓を開けてお部屋にカビが繁殖しないようにしています。

f:id:choco116choco:20210915075138p:plain

わが家のように狭い家に住んでいる方は、お部屋の換気もしてみるといいでしょう。

2週間に1回洗剤でお掃除

f:id:choco116choco:20210915075206p:plain

毎日上記の方法で掃除をしているので、洗剤を使ったカビ掃除は2週間に1回程度行っています。使用しているのはカビハイター。

2週間経つと「ちょっと黒カビが出てきたかな?」という状態になるので、カビハイターを使う頻度を2週間に1回にしました。

また、カビの繁殖を防ぐために防カビ剤を2ヶ月に1回使っています。定期的に防カビ剤を使うだけで、かなり掃除が楽になりますよ。

 

汚れはその日のうちにリセット!お風呂のカビを防いで!

f:id:choco116choco:20210915075500j:plain

毎日入るお風呂は、どうしてもカビが繁殖してしまうエリアですよね。水回りのカビを完全に防ぐのは難しいけど、繁殖を遅らせることはできます。

毎日のちょっとした掃除の積み重ねで、カビ掃除の頻度も減らせるので良かったら参考にしてくださいね。